蓋然性(読み)がいぜんせい(英語表記)pithanotēs; probability

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蓋然性
がいぜんせい
pithanotēs; probability

主として哲学,数学,統計学などの用語で,元来は「確からしさ」を意味する。「必然」に対応し,事物の生起やその知識の確からしさの度合いをいう。それらの生起や知識そのものについては必然的で,偶然の入る余地はないが,必然的な因果関係やそれに付随する条件が未知の場合,その確からしさの度合いは,偶然的ともいえる。そこから然性を可能性偶然性のからみ合ったものということもできる。蓋然性を経験的に法則化することもでき,数量的に表わされるときは確率という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

がいぜん‐せい【蓋然性】

ある事柄が起こる確実性や、ある事柄が真実として認められる確実性の度合い。確からしさ。これを数量化したものが確率。「蓋然性の乏しい推測」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がいぜんせい【蓋然性】

事象が実現されるか否か、またはその知識の確実性の度合。確からしさ。数学的に定式化されたものを確率と呼ぶ。プロバビリティー。 〔「哲学字彙」(1881年)に英語 probability の訳語として載る〕 → 可能性

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蓋然性
がいぜんせい
probability英語
Probabilittドイツ語
probabilitフランス語

一つの事柄が成り立っているか否か、はっきりしないときに、その事柄が実際に成り立っている可能性についての見積りの度合いをいう。したがって、これは、個人によって異なりうる主観的なものである。これにはっきりした数量的表現を与えたものが確率ということになるが、確率のうちでもその決定が各人にゆだねられている主観的確率は、蓋然性とほとんど同義に用いられていることもある。[吉田夏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

がいぜん‐せい【蓋然性】

〘名〙 何事かが起こり得る確実性の度合。また、判断などが、多分そうだろうという可能性の程度。確率。公算。〔哲学字彙(1881)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蓋然性の関連情報