コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東ベルリン ヒガシベルリン

3件 の用語解説(東ベルリンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひがし‐ベルリン【東ベルリン】

ベルリンの東半部。第二次大戦後ソ連の管理下に置かれ、1949~1990年ドイツ民主共和国東ドイツ)の首都であった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東ベルリン
ひがしべるりん
Ost-Berlin

東西分裂時代の東ドイツの首都。第二次世界大戦後、アメリカイギリスフランス、ソ連の4国共同占領地区でソ連の管理下にあったが、1949年10月、ドイツ民主共和国(東ドイツ)の首都となった。8区からなり、面積403平方キロメートル(旧ベルリンの45.6%)、人口は1945年(分割当時)約110万、50年約119万、85年120万2895であった。北東のマルツァーン地区などには巨大な住宅の並ぶ社会主義都市が多く形成された。90年のドイツ統一により、東西ベルリンも統合され、ドイツの首都ベルリンとなった。[佐々木博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東ベルリンの関連情報