コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東ベルリン ヒガシベルリン

大辞林 第三版の解説

ひがしベルリン【東ベルリン】

旧ドイツ民主共和国(東ドイツ)の首都。ベルリンの東半分を占めた。 → ベルリン

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東ベルリン
ひがしべるりん
Ost-Berlin

東西分裂時代の東ドイツの首都。第二次世界大戦後、アメリカ、イギリス、フランス、ソ連の4国共同占領地区でソ連の管理下にあったが、1949年10月、ドイツ民主共和国(東ドイツ)の首都となった。8区からなり、面積403平方キロメートル(旧ベルリンの45.6%)、人口は1945年(分割当時)約110万、50年約119万、85年120万2895であった。北東のマルツァーン地区などには巨大な住宅の並ぶ社会主義都市が多く形成された。90年のドイツ統一により、東西ベルリンも統合され、ドイツの首都ベルリンとなった。[佐々木博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

東ベルリンの関連キーワードデッサウ(Paul Dessau)ワルター フェルゼンシュタインベルリーナー・アンサンブルセバスティアン ヴァイグレフリードリッヒ エーベルトウィルヘルムシュトラーセエーリヒ ヴァイネルトイングリッド ピットフランクフルト大通りフェルゼンシュタインH. キップハルト東西ドイツ基本条約ベルリン国立図書館ベルリン国立歌劇場ペーター ハックスカール ライスターブランデンブルク門ベルリン・アピールユリア フランクペルガモン美術館

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東ベルリンの関連情報