コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東ベルリン ヒガシベルリン

3件 の用語解説(東ベルリンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひがし‐ベルリン【東ベルリン】

ベルリンの東半部。第二次大戦後ソ連の管理下に置かれ、1949~1990年ドイツ民主共和国東ドイツ)の首都であった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひがしベルリン【東ベルリン】

旧ドイツ民主共和国(東ドイツ)の首都。ベルリンの東半分を占めた。 → ベルリン

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東ベルリン
ひがしべるりん
Ost-Berlin

東西分裂時代の東ドイツの首都。第二次世界大戦後、アメリカイギリスフランス、ソ連の4国共同占領地区でソ連の管理下にあったが、1949年10月、ドイツ民主共和国(東ドイツ)の首都となった。8区からなり、面積403平方キロメートル(旧ベルリンの45.6%)、人口は1945年(分割当時)約110万、50年約119万、85年120万2895であった。北東のマルツァーン地区などには巨大な住宅の並ぶ社会主義都市が多く形成された。90年のドイツ統一により、東西ベルリンも統合され、ドイツの首都ベルリンとなった。[佐々木博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東ベルリンの関連キーワードゴルバートフラーゲリフンボルト大学アプレゲール色丹戦後西ベルリン伯林ポツダム広場南千島

東ベルリンの関連情報