コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東洋学芸雑誌 とうようがくげいざっし

世界大百科事典 第2版の解説

とうようがくげいざっし【東洋学芸雑誌】

1881年10月に東洋学芸社から創刊された自然科学を含む月刊誌。日本で最初の学術総合雑誌である。杉浦重剛千頭(ちかみ)清臣が井上哲次郎や磯野徳三郎らの協力のもとに,その範をイギリスの科学雑誌《Nature》にとり,啓蒙を旨として編集された。初期には文芸作品も掲載するなど多くの読者を獲得したが,加藤弘之菊池大麓(だいろく)をはじめ官学系の学者を多用し,90年代半ばからは科学啓蒙誌としての性格を強めていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

東洋学芸雑誌の関連キーワード伊豆大島竜ノ口遺跡武藤 元信関谷清景

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android