コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東洋学芸雑誌 とうようがくげいざっし

1件 の用語解説(東洋学芸雑誌の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とうようがくげいざっし【東洋学芸雑誌】

1881年10月に東洋学芸社から創刊された自然科学を含む月刊誌。日本で最初の学術総合雑誌である。杉浦重剛と千頭(ちかみ)清臣が井上哲次郎や磯野徳三郎らの協力のもとに,その範をイギリス科学雑誌《Nature》にとり,啓蒙を旨として編集された。初期には文芸作品も掲載するなど多くの読者を獲得したが,加藤弘之菊池大麓(だいろく)をはじめ官学系の学者を多用し,90年代半ばからは科学啓蒙誌としての性格を強めていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東洋学芸雑誌の関連キーワード安藤更生岩井大慧新潮スタイン東洋学東洋学園大学西洋学バルトリド芸文ラングレス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone