杉浦重剛(読み)すぎうら じゅうごう

  • すぎうらしげたけ
  • すぎうらじゅうごう
  • 杉浦重剛 すぎうら-しげたけ
  • 杉浦重剛 すぎうら-じゅうごう

百科事典マイペディアの解説

明治・大正期の思想家,教育家。名は正しくは〈しげたけ〉。膳所(ぜぜ)儒の家に生まれる。大学南校に学び,英国に留学,1882年東大予備門(旧制第一高等学校の前身)長となる。のち辞職し1888年三宅雪嶺らと《日本人》を創刊,国粋主義を唱道した。日本中学校を設け青年教育にあたり,また国学院学監,東宮御学問所御用掛,東亜同文書院長等を歴任。《倫理御進講草案》がある。
→関連項目江見水蔭古島一雄政教社日本(新聞)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1855-1924 明治-大正時代の教育者。
安政2年3月3日生まれ。大学南校にまなび,イギリスに留学。明治15年東京大学予備門長。18年東京英語学校を設立。21年三宅雪嶺らと政教社を結成,国粋主義をとなえた。23年衆議院議員。大正3年東宮御学問所御用掛となる。大正13年2月13日死去。70歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。号は梅窓,天台道士。名は「しげたけ」ともよむ。
格言など】世界を怖れるな,唯自己を怖れよ(「天台道士著作集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

没年:大正13.2.13(1924)
生年:安政2.3.3(1855.4.19)
明治大正期の政治家,教育家。膳所藩(滋賀県)藩士杉浦重文,八重の次男。号は梅窓。明治3(1870)年貢進生として大学南校に入り,9年第2回文部省留学生として英国に留学,理学を修める。15年東京大学予備門長,18年東京英学校(日本学園高校)設立。20年東大卒業生らと乾坤社を設立,21年政教社を設立して雑誌『日本人』の刊行を始める。22年,谷干城らの出資を受けた新聞『日本』の創刊にかかわる。杉浦は欧化主義が「直訳の弊」に陥り日本の「国性,国情」を勘案していないと批判し,国粋主義を唱えた。23年衆院議員選挙に当選大成会に属したが第1議会終了をまたずに辞任。その後はアジア主義グループとの関係もあり35年東亜同文書院長を引き受けたが病気で36年辞任。大正3(1914)年東宮御学問所御用掛(倫理担当)となり,宮中某重大事件では既定皇太子妃候補変更を不可とし,良子妃実現に努力した。<参考文献>大町桂月『杉浦重剛先生』

(酒田正敏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1855‐1924(安政2‐大正13)
明治・大正期の特異な日本主義思想家。近江国膳所(ぜぜ)藩士の出身。少年時代に藩校や京都で漢学を学んだのち,1870年(明治3)藩から選ばれて,東京の大学南校に貢進生として入学し英学を専攻。76年文部省留学生としてイギリスに渡り,化学,物理学,数学などを学ぶ。80年帰国後は,東京大学予備門(旧制第一高等学校の前身)長,文部省参事官兼専門学務局次長など教育行政職を歴任,のち英語教育を重んじた私立中等学校日本中学校を経営する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]安政2 (1855).3.3. 近江
[没]1924.2.13. 東京
教育家,思想家。「すぎうらじゅうごう」ともいう。号は天台道士。近江国膳所藩士の家に生まれ,藩校で漢籍を修め,明治3(1870)年藩貢進生として大学南校(東京大学の前身)に入学。1876年化学物理研究のためイギリスに留学。4年後帰国し東京大学理学部博物場取締掛,1882年同大学予備門長。1885年東京英語学校(のち日本中学校と改称)を設立。1888年雑誌『日本人』発刊に参加,日本主義を唱道するとともに,自然科学との調和を目指した。同 1888年文部省参事官兼専門学務局次長に就任,翌 1889年3月辞任。1890年第1回総選挙に当選,代議士となったが翌 1891年辞職。こののち高等教育会議議員,國學院学監,皇典講究所幹事長,東亜同文書院院長,教育調査会会員などを経て,1914年東宮御学問所御用掛になり皇太子,皇太子妃の教育指導にあたった。皇太子に対する講義はのちに『倫理御進講草案』の名で出版。主著『日本教育原論』(1889),『天台道士著作集』(1915)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(「しげたけ」とも) 教育家。号梅窓。近江(滋賀県)出身。幼少のころから藩校遵義堂にはいり、のち東京に出て大学南校に学ぶ。イギリス留学から帰朝後、東京大学予備門長、高等教育会議議員などを歴任。明治一八年(一八八五)東京英語学校(のちの日本中学校)を創立、雑誌「日本人」の発刊に協力し、日本主義を唱導。次いで国学院学監、東亜同文書院長などを経て大正三年(一九一四)東宮御学問所御用掛となり、倫理の御進講を担当。著「倫理御進講草案」「日本教育原論」など。安政二~大正一三年(一八五五‐一九二四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

1855〜1924
明治・大正時代の教育家・思想家
近江(滋賀県)の生まれ。大学南校に学び,イギリスに留学。帰国後,東大・文部省に奉職,のち民間教育者として活躍した。1888年政教社創立に参加。雑誌『日本人』,新聞『日本』に拠り,国粋主義を主張。1914年,東宮御学問所御用掛となり皇太子(昭和天皇)に倫理学を進講した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android