黒田(読み)クロタ

  • くろだ
  • 姓氏
  • 黒田 (クロダ)

デジタル大辞泉の解説

稲の植えつけ前の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 稲を植付ける前の田。
※幸若・信太(室町末‐近世初)「不破の関屋の板間もる、月見たるゐの宿過て、うへし小苗のくろたこそ、秋はなるみと打なかめ」
[一] 松江市、茶臼山西南方の地名。土の色が黒いため呼ばれた。古駅。
※出雲風土記(733)意宇「黒田の駅(うまや)郡家(こほりのみやけ)と同じき処なり。郡家の西北(いぬゐ)のかた二里(さと)に黒田の村あり。土の体、色黒し。故、黒田と云ふ」
[二] 兵庫県中央部、黒田庄町の地名。加古川上流域にあり、機業を中心とする。
[三] 三重県北部河芸(かわげ)町の地名。旧河芸郡黒田村。現在は北黒田、南黒田に分かれている。
[四] 愛知県北西端、一宮市の地名。木曾川の左岸にあり、古くは鎌倉街道の宿駅で、江戸時代には岐阜街道の宿駅。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の黒田の言及

【木曾川[町]】より

…中央を東海道本線,名鉄本線,北東端を国道22号線,南西端を名鉄尾西線が通る。中心の黒田は古くは岐阜街道の宿駅で,1388年(元中5∥嘉慶2)に土岐詮直と島田満貞が戦った黒田合戦の主戦場となった。織物業が盛んで,一宮市,尾西市とともに尾西毛織物業地帯の一翼をになう。…

※「黒田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒田の関連情報