菊池大麓(読み)きくちだいろく

日本大百科全書(ニッポニカ)「菊池大麓」の解説

菊池大麓
きくちだいろく
(1855―1917)

数学者洋学者箕作秋坪(みつくりしゅうへい)の次男として、江戸の津山藩邸で生まれ、父の実家菊池家を継いだ。6歳で蕃書調所(ばんしょしらべしょ)に入り、9歳で句読(くとう)教授当分助(とうぶんのすけ)となる。11歳のとき幕命でイギリスに留学したが、幕府瓦解(がかい)のため帰国。1870年(明治3)明治政府の命で再度イギリスに留学し、1877年ケンブリッジ大学を卒業して帰国した。同年6月、東京大学創設に際し、日本人としてただ一人の東京大学理学部教授となり、以降20年間、数学を教授するとともに、多くの著書、啓蒙(けいもう)論文を著して数学の進歩に尽くし、藤沢利喜太郎(ふじさわりきたろう)、高木貞治(たかぎていじ)ら、次代の日本の数学を担った世界的にも著名な数学者を育てた。1898年東京帝国大学総長、1901年(明治34)文部大臣、1908年京都帝国大学総長、1909年帝国学士院院長などを歴任し、1917年(大正6)理化学研究所の設立とともに初代所長となるなど、日本の教育・文化の向上に大きな功績を残した。

 おもな著作には、クリッフォードWilliam K. Clifford(1845―1879)とピアソン著の本の翻訳書『数理釈義』(1886・博聞社刊)と、菊池著の『初等幾何学教科書』巻1、2(1888、1889・文部省編輯局(へんしゅうきょく)刊)がある。前者はイギリス流の数学序説の内容で啓蒙書として重要である。また後者はユークリッド幾何の本で、比例理論まで述べたものであるが、当時世界的にも有数な理論的内容をもち、数学を正しく理解するためにはいかに深い考察を要するかを学界に知らせた意義は大きい。また、この本は官版の本としては初めての横書きで、分かち書きの本として有名であった。1912年には高校の解析幾何の教科書『Analytic Geometry』を著し、多く使われた。

[小松醇郎]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典「菊池大麓」の解説

菊池大麓

没年:大正6.8.19(1917)
生年:安政2.1.29(1855.3.17)
明治時代の数学者,教育行政家。江戸の津山藩邸に箕作阮甫の養子秋坪の次男として生まれる。のち父の実家菊池家を継ぐ。2度にわたりイギリスに留学し,ケンブリッジ大学で数学,物理を学び東京大学創設1カ月後の明治10(1877)年5月帰国し,直ちに同学理学部教授となり,第1陣の邦人教授となる。26年から初代数学第1講座(幾何学方面)を担任。文部行政面では専門学務局長,文部次官,大臣と昇り,東京・京都の両帝国大学総長を務める。晩年は枢密顧問官として学制改革の行方を注視していた。この間初期議会から勅選貴族院議員である。日本の中等教育の幾何学教科書の基準となった『初等幾何学教科書』の出版,教育勅語の英訳に取り組む。男爵。<参考文献>田所美治編『菊池前文相演述九十九集』

(中野実)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「菊池大麓」の解説

菊池大麓
きくちだいろく

[生]安政2(1855).3.17. 江戸
[]1917.6.19.
数学者。ケンブリッジ大学で数学を修め,1877年に帰国し,東京大学理学部教授となる。同時に「東京数学会社」 (1884年改組して日本数学物理学会となる) の創立に参画して西洋数学の普及に尽力し,学務委員として「三軸法」 (立体解析幾何学) および重学を担当した。彼の著書『平面解析幾何学』は数学教育にも大きな影響を与えた。その後,日本数学界の中心として活躍し,東京大学理学部長,文部省専門学務局長,文部次官,東京大学総長 (98) ,文部大臣 (1901) ,京都大学総長 (08) などを歴任。男爵。彼に対する人物評として「爛漫たる桜花の如し」というのがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「菊池大麓」の解説

菊池大麓 きくち-だいろく

1855-1917 明治-大正時代の数学者,教育行政家。
安政2年1月29日生まれ。美作(みまさか)(岡山県)津山藩士箕作秋坪(みつくり-しゅうへい)の次男。菊池正士の父。菊池家をつぐ。2度イギリスに留学し,数学,物理学をまなぶ。明治10年東京大学開校の際,理学部教授となり,近代数学の移入と数学教育法の確立につくす。のち東京帝大・京都帝大総長,文相,帝国学士院長,理化学研究所初代所長。大正6年8月19日死去。63歳。著作に「初等幾何学教科書」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「菊池大麓」の解説

菊池大麓【きくちだいろく】

数学者,政治家。箕作秋坪(みつくりしゅうへい)の次男。2度(1866年―1868年,1870年―1877年)渡英して数学,物理学を学び,1877年東大教授。以後理学部長,貴族院議員,東大総長,文部大臣,京大総長,帝国学士院長,枢密顧問官等を歴任,男爵となる。日本における西洋数学の開拓者で,日本標準時制定,震災予防調査会創設にも尽力,1917年理化学研究所初代所長。
→関連項目菊池正士

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「菊池大麓」の解説

きくち‐だいろく【菊池大麓】

数学者、教育家。男爵。箕作秋坪(みつくりしゅうへい)の二男。江戸生まれ。ケンブリッジ大学卒。日本人初の東京大学理学部教授となり、以後、貴族院議員、東京帝大総長、文相、京都帝大総長、帝国学士院長、枢密顧問官、理化学研究所長を歴任。近代数学の移入と数学教育の確立に寄与し、科学行政にも大きな手腕を示した。安政二~大正六年(一八五五‐一九一七

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「菊池大麓」の解説

菊池大麓
きくちだいろく

1855〜1917
明治・大正時代の数学者
江戸の生まれ。蕃書調所で英語を学び,イギリス留学2回。ケンブリッジ大学で数学・物理学を修め,帰国後東大教授となる。近代数学の導入と数学教育の発展貢献し,のち理化学研究所初代所長・東大総長・文相・京大総長・学士院長などを歴任した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「菊池大麓」の解説

きくち‐だいろく【菊池大麓】

[1855〜1917]数学者。江戸の生まれ。箕作秋坪みつくりしゅうへいの次男。英国に留学。日本の近代数学および数学教育の確立に貢献。文部大臣、東大・京大総長、学士院長などを歴任。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「菊池大麓」の解説

きくちだいろく【菊池大麓】

1855‐1917(安政2‐大正6)
西洋の数学を初めて本格的に日本に紹介した明治時代の数学者。洋学者箕作秋坪(みつくりしゆうへい)の次男として江戸に生まれ,秋坪の実家菊池家を継ぐ。1861年(文久1)蕃書調所に入学し洋学を学び,64年(元治1)9歳でそこの句読教授当分助になる。66年(慶応2)11歳でイギリスに留学し68年(明治1)帰朝した。70年再びイギリスに留学,77年ケンブリッジ大学を卒業し,直ちに東京大学理学部教授となった。81年より93年まで理学部長(理科大学長)を歴任した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大学事典「菊池大麓」の解説

菊池大麓
きくちだいろく
1855-1917(安政2-大正6)

数学者,文部大臣,東京帝国大学・京都帝国大学総長。江戸生まれ。洋学者箕作秋坪の次男。秋坪の実家菊池家を継いだ。蕃書調所で洋学を学び,1866年(慶応2)イギリスに留学し,68年(明治1)帰国。1870年再度イギリスに留学し,ケンブリッジ大学に学んだ。1877年同大学を卒業して帰国し,同年東京大学理学部教授。1888年理学博士。1890年貴族院議員となり,文部省専門学務局長,文部次官を経て,98年東京帝国大学総長。1901年文部大臣,翌年男爵となる。1908年京都帝国大学総長。以後,帝国学士院長,枢密顧問官,理化学研究所所長を歴任。藤沢利喜太郎・高木貞治などを育て,日本における西洋数学研究の基礎を築いた。『初等幾何学教科書』(1888年)などの教科書を執筆し,東京数学物理学会の発展に尽くした。大学人にして強い政治力を持った人物として注目される。
著者: 冨岡勝

出典 平凡社「大学事典」大学事典について 情報

世界大百科事典内の菊池大麓の言及

【国定教科書】より

…文部省はこの事件を制度変更の絶好機としてとらえ,翌03年4月,小学校令一部改定により国定制度に切りかえた。04年4月から国定教科書が使用され始めたのは,修身,国語,地理,歴史の4教科であり,文相菊池大麓は,この4教科は日本の国体を教えるうえで重要な役割を負っており,相互に関連づけて編纂する必要があるので国定にするのだと明言していた。しかも修身などは,疑獄事件より先に文部省内で編纂がすすめられていたのである。…

【東京数学会社】より

…大きな業績としては数学用語の統一に力があった。84年に,菊池大麓を中心として,この学会は東京数学物理学会に脱皮し,機関誌は,会員の研究と外国の著名な論文の翻訳を掲載するようになった。運営は東京大学の関係者によりなされ,しだいに今日の学会の形態に近づいていった。…

【理化学研究所】より

…このような運動を基盤に,17年,〈物理学及化学に関する独創的研究を為し,之を奨励し,以て工業其他一般産業の発達に資〉すことを目的にして財団法人理化学研究所が設立され,最新の設備をもつ建物が18‐25年にかけて,東京文京区駒込に完成。初代所長は菊池大麓,次長は桜井錠二,化学部長池田菊苗,物理部長長岡半太郎という錚々(そうそう)たる陣容であった。こうして,学界はじめ各界の大きな期待を担って発足した理研ではあったが,第1次大戦後の経済不況のために,財界からの寄付金が予定通り集まらず,設立後数年を経ずして財政的に行き詰まってしまった。…

※「菊池大麓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android