コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東洋拓殖会社 とうようたくしょくがいしゃ

大辞林 第三版の解説

とうようたくしょくがいしゃ【東洋拓殖会社】

朝鮮における農業拓殖事業を主とする植民地政策遂行のための国策会社。1908年(明治41)に朝鮮で設立された。その後、満洲・蒙古・中国・マレー半島・南洋諸島などに事業を拡大した。45年(昭和20)解体。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

東洋拓殖会社の関連キーワード鈴木 摠兵衛(1代目)東洋拓殖株式会社安川 雄之助久保田 政周松崎 蔵之助野田 卯太郎安川雄之助宮尾 舜治野田卯太郎菅原 通敬恩田 鉄弥松崎蔵之助石塚 英蔵マレー半島高山 長幸渡辺勝三郎勝田主計押川則吉国策会社石塚英蔵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android