解体(読み)かいたい

精選版 日本国語大辞典「解体」の解説

かい‐たい【解体】

〘名〙
① まとまっていたものが、ばらばらになること。また、組織だっているものをばらばらにすること。
※本朝文粋(1060頃)二・応補文章生並得業生復旧例事「窃恐悠悠後進、因此解体」
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉三「さしもに精強なりし鎌倉政府も僅かに三ケ年に過ぎずして悉く解体し」 〔記春秋左伝‐成公八年〕
② 機械や自動車など、組み立てられたものをばらばらにすること。
※ぽんこつ(1959‐60)〈阿川弘之〉山堀り「あのくしゃくしゃの小型乗用車を解体した時」
※解体新書(1774)凡例「亜那渡米、解体也。打係縷譜也。故今題曰解体新書
④ 気の張りがゆるむこと。気ぬけすること。〔新令字解(1868)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「解体」の解説

かい‐たい【解体】

[名](スル)
まとまっているもの、組み立ててあるものを、分解すること。また、ばらばらになること。「建築物を解体する」
組織をこわして、その機能を失わせること。また、組織がばらばらになって機能を失うこと。「共同戦線解体する」「財閥解体
からだを解剖すること。ふわけ。
腑分(ふわけ)といひ古りしことを新たに―と訳名し」〈蘭学事始

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の解体の言及

【解剖】より

…生物の体の一部(局所解剖)または全体(全身解剖)を切開し,臓器や組織の形態,構造,相互の位置関係などを調べたり,病因や死因などを検索することをいい,古くは解体,腑分けともいわれた。動物では,生理作用などを調べるために,生きたまま解剖することもある。…

※「解体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android