コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松岳 ショウガク

デジタル大辞泉の解説

しょうがく【松岳】

朝鮮半島北部、開城市の北にある山。
朝鮮民主主義人民共和国の都市、開城古称の一。松都ともいった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の松岳の言及

【開城】より


[歴史]
 新羅時代末に台頭してきた地方豪族,王建の根拠地であり,彼が高麗王朝を創建した翌年の919年から約470年間その王都として栄えた。北方に標高488mの松岳山があるところから松岳,松都等の名で呼ばれていたが,995年開城と命名され今日に至っている。当時の開城は丘陵の尾根づたいに築かれた城壁が狭小な盆地を囲む城郭都市であった。…

※「松岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

松岳の関連キーワード朝鮮民主主義人民共和国長野県北安曇郡白馬村大阪府柏原市国分市場本松斎一鯨(初代)本松斎一得(2代)ケソン(開城)市国分(大阪府)太祖[高麗]船氏王後墓誌王建(朝鮮)栗駒国定公園柏原(市)湯沢[市]松岳山古墳後立山連峰八方尾根神室山地細川高国亀泉集証狩野探雪

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android