コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開城 カイジョウ

デジタル大辞泉の解説

かい‐じょう〔‐ジヤウ〕【開城】

[名](スル)降伏して城や要塞(ようさい)を敵に明け渡すこと。「兵糧攻めにあってついに開城する」

かいじょう〔カイジヤウ〕【開城】

ケソン

ケソン【開城】

朝鮮民主主義人民共和国南部の工業都市。古くは京畿道(キョンギド)の一部だった。高麗(こうらい)朝の首都が置かれ、史跡が多い。かいじょう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

開城【かいじょう】

朝鮮民主主義人民共和国,黄海北道南部,韓国との休戦ラインに近い直轄市。1市3郡で構成。四方を松山に囲まれ松都とも呼ばれる。市街は城郭都市の典型。高麗時代500年間の首都。
→関連項目王建京畿道ソウル大韓民国朝鮮民主主義人民共和国

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいじょう【開城 Kaesŏng】

朝鮮民主主義人民共和国南西部の都市。韓国との軍事休戦線に接する開城地区の中心都市である。開城市は狭小な盆地に位置し,商業と若干の手工業を中心として発展してきたが,朝鮮戦争による破壊のうえに,共和国の政権が商業を国営化したため,戦後は一から都市づくりをしなければならなかった。商人や手工業者は生産協同組合に組織され,食品,繊維,陶磁器などの地方工業を興した。しかし,国境の軍事的要塞地帯にあるため,大規模な工業は開発されず,休戦線以北の旧京畿道地域の1市3郡からなる開城地区の行政・教育の中心地として,各種の地方委員会と学校などが集中した地方都市となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かいじょう【開城】

( 名 ) スル
降伏して敵に城・要塞を明け渡すこと。 「旅順-」

かいじょう【開城】

ケソン

ケソン【開城】

朝鮮民主主義人民共和国の南部にある都市。軍事境界線に近い。高麗の旧都で史跡が多い。付近は朝鮮人参の特産地。かいじょう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

開城
かいじょう / ケーソン

北朝鮮南部にある都市。人口20万1500(2003推計)。市街は松岳山(488メートル)の南麓(なんろく)に位置し、西方に蜈松(ごしょう)山(204メートル)、南に南山(178メートル)など四方を松山に囲まれていたので、別名松都、松京の名がある。市街地はもと東西南北に四門を設け、城壁で囲んだ典型的な城郭都市であった。1953年以来、人民政権下で軽工業を主とした工業都市へ変貌(へんぼう)した。開城紡績工場をはじめ被服工場、陶磁器工場、日用品工場や、ゴム、時計、楽器などの工場が次々と建設された。高麗(こうらい)朝の首都であったので遺跡も多く、市の東方には高麗末期の忠臣鄭夢周(ていむしゅう)が最期を遂げた善竹橋と(すうよう)書院、北方の松岳山南麓には高麗歴代王の宮址(きゅうし)万月台の礎石が残っている。これらの遺跡は朝鮮戦争の戦禍を受け大部分破壊された。市街地には新しく建てられた松都政治大学、博物館、少年宮殿などがある。民謡で名高い「バクヨンポクポ」(朴淵瀑布)は市の北方24キロメートルの天摩山麓にある。開城は朝鮮戦争前は韓国(大韓民国)の統治下にあったが、戦争後は北朝鮮に属し、政府直轄地として開城市を中心に長豊郡、板門(はんもん)郡、開豊郡を「開城地区」とした。[魚 塘]

歴史

古くは高句麗(こうくり)に属して扶蘇岬(ふそこう)と称し、のち新羅(しらぎ)に属して松岳郡と称した。919年王建の建国した高麗の首都となり、995年開城府と改称した。城内には宮殿、官庁、寺院が建ち並び、約500年間、高麗の政治、経済、文化の中心であった。郊外の礼成江の河港碧瀾渡(へきらんと)には、中国や日本の交易船が出入し、国際港としてにぎわった。この時代に遼(りょう)、金、元の侵略を受け、何度も戦火に焼かれた。1392年李成桂(りせいけい)の建てた李朝も開城を都としたが、1394年都は漢城(ソウル)に移った。李朝時代の開城は商業で栄えた。開城商人は各地に出張所を置いて全国を商圏とし、独特の複式簿記で名高い。朝鮮戦争では一時、当地で休戦会談が行われた。[吉田光男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の開城の言及

【高麗美術】より

…高麗時代の工芸は,螺鈿技法にみられる精緻な文様の埋めこみ磨き出し,あるいは,同趣の金銀象嵌や青磁象嵌という特異な技法に独自の世界と美意識を発揮している。【菊竹 淳一】
[建築]
 新羅時代の政治・文化の中心は,慶州を中心とした朝鮮半島東南部に偏在していたが,高麗時代に入って,北部の開城に首都がうつされるとともに,北進政策が進められ,顕宗(在位1010‐31)のときには首都に外城を築いた。また半島西側の鴨緑江河口から東海岸の定平に至る千里長城を築いて北方民族に対する防備を固めた。…

※「開城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

開城の関連キーワード北朝鮮の過去の開放政策クレモニデス戦争江戸城明け渡し大角六郎左衛門レコンキスタステッセリ河原あさ子秋山左衛門大久保忠寛キョンギド軍事境界線ベラスケス松岳・松嶽山岡鉄舟北条氏直榎本武揚江戸開城都筑為政朝鮮人参大西覚養

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開城の関連情報