コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松阪市立歴史民俗資料館 まつさかしりつれきしみんぞくしりょうかん

1件 の用語解説(松阪市立歴史民俗資料館の意味・用語解説を検索)

日本の美術館・博物館INDEXの解説

まつさかしりつれきしみんぞくしりょうかん 【松阪市立歴史民俗資料館】

三重県松阪市にある資料館。昭和53年(1978)創立。明治45年(1912)に建てられた旧飯南(いいなん)郡図書館を利用して開設。地域の歴史・民俗資料を収集・保存し展示する。室町時代から江戸時代にかけての商業資料などを展示。国登録有形文化財
URL:http://www.city.matsusaka.mie.jp/www/contents/1000001167000/
住所:〒515-0073 三重県松阪市殿町1539
電話:0598-23-2381

出典|講談社
©KODANSHA
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松阪市立歴史民俗資料館の関連キーワード三重県松阪市愛宕町三重県松阪市伊勢寺町三重県松阪市魚町三重県松阪市白粉町三重県松阪市新町三重県松阪市立野町三重県松阪市西町三重県松阪市光町三重県松阪市本町三重県松阪市宮町

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松阪市立歴史民俗資料館の関連情報