板塔婆(読み)イタトウバ

精選版 日本国語大辞典の解説

いた‐とうば ‥タフバ【板塔婆】

〘名〙 供養のために、梵字または経文を書いて墓に立てる細長い板。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の板塔婆の言及

【卒塔婆】より

…語源的には釈迦仏の遺骨を収めた仏塔であるストゥーパが漢訳されたもので,広義には三重塔,五重塔,十三重塔などの塔や五輪石塔などをも指すが,今日一般に用いる卒塔婆の意は木製の塔婆を指す。木製卒塔婆には角塔婆,板塔婆,経木(へぎ)塔婆の別がある。角塔婆は主として四角塔婆であり,埋葬上の墓標として,あるいは寺堂の開帳や遷仏供養,護摩法要,施餓鬼流れ灌頂などに供養塔として立てられる。…

※「板塔婆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android