梵字(読み)ボンジ

百科事典マイペディアの解説

梵字【ぼんじ】

インドで用いられるブラーフミー文字の漢訳名。ブラフマンの創造した文字という意味。インドでは紀元前後にセム系文字に由来するブラフミー文字とカローシュティー文字の2系統があり,前者はグプタ系文字から発達したシッダマートリカー文字となり,さらに7世紀ごろナーガリー文字に発達,10世紀にはデーバナーガリー文字として固定した。現在,サンスクリットヒンディー語の印刷に用いられるのはデーバナーガリー文字である。→悉曇(しったん)
→関連項目ネパール語パンジャービー語

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

防府市歴史用語集の解説

梵字

 仏典を書くのに使われた悉曇[しったん]文字が仏教とともに中国や日本に伝わり、密教[みっきょう]とのかかわりあいで神秘化された文字として使われるようになったものです。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぼんじ【梵字】

ブラフマー(天)の気息より生じたと考えられているブラーフミー文字アショーカ王の時代,この文字は,ダンマリピーDhammalipīとかダンマディピーDhammadipīと呼ばれていたが,後代の文献は,バンビーBambhīあるいはブラーフミーとするようになった。この文字の起源について,外来説を排し,インド固有のものであるとし,ブラフマンの創造に帰して,神聖化したものである。4世紀から6世紀にかけて,この文字は南北両系に大きく分かれ,北方系の文字,つまり,グプタ文字より,6世紀ごろ派生した文字がシッダマートリカーSiddhamātṛkā文字である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぼんじ【梵字】

梵語(サンスクリット)の表記に用いられた文字の総称。悉曇しつたん文字・デーバナーガリー文字など。
ぼろ(梵論)」に同じ。 「ぼろんじ・-・漢字など云ける者/徒然 115

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

プチプラ

値段が安いことを表す日本の俗語。「プチ(小さい)プライス(価格)」の略。ほとんどの場合、女性用のファッションアイテム・化粧品・香水・雑貨などのジャンルで、「安くてかわいい」「手に入りやすい」といった意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梵字の関連情報