梵字(読み)ボンジ

百科事典マイペディアの解説

梵字【ぼんじ】

インドで用いられるブラーフミー文字の漢訳名。ブラフマンの創造した文字という意味。インドでは紀元前後にセム系文字に由来するブラフミー文字とカローシュティー文字の2系統があり,前者はグプタ系文字から発達したシッダマートリカー文字となり,さらに7世紀ごろナーガリー文字に発達,10世紀にはデーバナーガリー文字として固定した。現在,サンスクリットヒンディー語の印刷に用いられるのはデーバナーガリー文字である。→悉曇(しったん)
→関連項目ネパール語パンジャービー語

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

防府市歴史用語集の解説

梵字

 仏典を書くのに使われた悉曇[しったん]文字が仏教とともに中国や日本に伝わり、密教[みっきょう]とのかかわりあいで神秘化された文字として使われるようになったものです。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぼんじ【梵字】

ブラフマー(梵天)の気息より生じたと考えられているブラーフミー文字アショーカ王の時代,この文字は,ダンマリピーDhammalipīとかダンマディピーDhammadipīと呼ばれていたが,後代の文献は,バンビーBambhīあるいはブラーフミーとするようになった。この文字の起源について,外来説を排し,インド固有のものであるとし,ブラフマンの創造に帰して,神聖化したものである。4世紀から6世紀にかけて,この文字は南北両系に大きく分かれ,北方系の文字,つまり,グプタ文字より,6世紀ごろ派生した文字がシッダマートリカーSiddhamātṛkā文字である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぼんじ【梵字】

梵語(サンスクリット)の表記に用いられた文字の総称。悉曇しつたん文字・デーバナーガリー文字など。
ぼろ(梵論)」に同じ。 「ぼろんじ・-・漢字など云ける者/徒然 115

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼん‐じ【梵字】

〘名〙
① 古代インドで行なわれた brāhmī という字体から発達した文字で、梵語、すなわちサンスクリットを記載するのに用いる文字。日本ではその一体が行なわれた。元来は左横書きであるが、日本では右縦書となった。基本となる文字、すなわち摩多(また)(a)・(i)・(o)など、体文(たいもん)(ka)・(ca)・(ta)などの類。また、これによって書かれた文章、書物など。梵書。→悉曇(しったん)
※三代格‐二・承和二年(835)正月二三日「声明業一人 応誦梵字真言大仏頂及随求等陀羅尼」 〔皮日休‐雨中遊包山精舎詩〕
※徒然草(1331頃)一一五「近世に、ぼろんじ・梵字・漢字など云ける者、その始めなりけるとかや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梵字の関連情報