コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柄杓形 ヒサクガタ

デジタル大辞泉の解説

ひさく‐がた【×杓形】

ひしゃくのような形。また、そのもの。
塔の九輪(くりん)などの上に置く火炎のついた宝珠。
「吉野の郡の現光寺の塔の―には」〈今昔・一一・五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひさくがた【柄杓形】

ひしゃくのような形。また、そのもの。
(塔の九輪の上などの)火炎のついた宝珠。火珠。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

柄杓形の関連キーワード火炎宝珠九輪