コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳下恵 リュウカケイ

デジタル大辞泉の解説

りゅうか‐けい〔リウカ‐〕【柳下恵】

中国、代の魯(ろ)賢者。本名、展禽。字(あざな)は季。柳下に住み、恵と(おくりな)されたことによる名。大夫裁判官となり、直道を守って君に仕えたことで知られる。生没年未詳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の柳下恵の言及

【盗跖】より

…盗蹠とも書く。魯の賢人,柳下恵の弟であったという説に従えば春秋時代の人であるが,実在の人物であったかどうかは不明である。性格は凶暴で,日ごとに無辜(むこ)の人々を殺し,人の肝を膾(なます)にし,財貨を略奪し,数千人の手下を集めて天下に横行,諸国を震憾させたという。…

※「柳下恵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

柳下恵の関連キーワード和田岡古墳群三津屋古墳盗跖七賢

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android