コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳久保小麦

デジタル大辞泉プラスの解説

柳久保小麦

東京都東久留米市で生産されるコムギ江戸時代から栽培されており、戦時中に一時途絶えたが、昭和時代の末に農水省生物資源研究所に保存されていたタネをもとに、復活した。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

柳久保小麦

1851(嘉永4)年、今の東久留米市柳窪に住んでいた奥住又右衛門が旅先から持ち帰った一穂から生まれたとされる。こしが強く風味に優れ、うどんに最適だったが、丈が長くて倒れやすく大量生産に向かないため、食糧増産が急務だった戦時中の1942年以降は作られなくなった。又右衛門の4代目にあたる奥住和夫さんが88年、国の研究所に保存されていた種を譲り受け、栽培を復活させた。

(2012-05-24 朝日新聞 朝刊 多摩 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

柳久保小麦の関連キーワード東京都東久留米市

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android