コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳久保小麦

2件 の用語解説(柳久保小麦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

柳久保小麦

東京都東久留米市で生産されるコムギ江戸時代から栽培されており、戦時中に一時途絶えたが、昭和時代の末に農水省生物資源研究所に保存されていたタネをもとに、復活した。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

柳久保小麦

1851(嘉永4)年、今の東久留米市柳窪に住んでいた奥住又右衛門が旅先から持ち帰った一穂から生まれたとされる。こしが強く風味に優れ、うどんに最適だったが、丈が長くて倒れやすく大量生産に向かないため、食糧増産が急務だった戦時中の1942年以降は作られなくなった。又右衛門の4代目にあたる奥住和夫さんが88年、国の研究所に保存されていた種を譲り受け、栽培を復活させた。

(2012-05-24 朝日新聞 朝刊 多摩 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柳久保小麦の関連情報