コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴倉対馬 しばくら つしま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴倉対馬 しばくら-つしま

?-? 江戸時代中期の大工。
正徳(しょうとく)(1711-16)ごろの備中(びっちゅう)(岡山県)阿賀郡中津井村の人。幕府の普請大工となり,柴倉流を創始した。通称は修吉。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone