柴田 和志(読み)シバタ カズシ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

柴田 和志
シバタ カズシ


職業
ロック歌手

別名
バンド名=村八分(ムラハチブ),愛称=チャー坊(チャーボウ)

生年月日
昭和25年

出生地
京都府 京都市伏見区

学歴
東山高中退

経歴
昭和46年ギタリストの山口富士夫らとロックバンド“村八分”を結成、ボーカルを担当し、“チャー坊”の愛称で親しまれる。“はっぴいえんど”“頭脳警察”などと並んで日本語で歌うロックを興したバンドとして活躍、硬性で勢いのあるサウンドと、マスコミ取材や写真掲載を拒否する反体制的な姿勢などで注目を集めたが、アルバム一枚を残して解散。54年、平成3年再結成したが短期間の活動に終わった。14年遺族の許に残された創作ノートなどをまとめ、’90年代のセッション音源を付けた「チャー坊遺稿集」が刊行された。

没年月日
平成6年 4月25日 (1994年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android