コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村八分 むらはちぶ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村八分
むらはちぶ

村社会の秩序を維持するため,制裁として最も顕著な慣行であった絶交処分のこと。全体として戸主ないしその家に対して行なったもので,村や組の共同決定事項に違反するとか,共有地の使用慣行や農事作業の共同労働に違反した場合に行われる。「八分」ははじく,はちるの意とも,また村での交際である冠・婚・葬・建築・火事・病気・水害・旅行・出産・年忌の 10種のうち,火事,葬を除く8種に関する交際を絶つからともいわれ,その家に対して扶助を行わないことを決めたり,村の共有財産の使用や村寄合への出席を停止したりする。八分を受けると,共同生活体としての村での生活は不自由になるため,元どおり交際してもらう挨拶が行われるが,これを「わびを入れる」という。農業経営の近代化に伴い,各戸が一応独立的に生計が立てられるようになってからは,あまり行われなくなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

むら‐はちぶ【村八分】

江戸時代以降、村落で行われた私的制裁。村のおきてに従わない者に対し、村民全体が申し合わせて、その家と絶交すること。「はちぶ」については、火事と葬式の二つを例外とするところからとも、また「はずす」「はねのける」などと同義の語からともいう。
仲間はずれにすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

村八分【むらはちぶ】

八分とも。村の秩序を乱した者に制裁として交際を断つこと。火事と葬式二つを除いた八分の交際を断つ意ともいうが,〈はじく〉〈はぶく〉が語源らしい。普通村寄合の席で決まり,所によっては赤ずきんをかぶせたり,村から退去させる。
→関連項目脅迫罪私刑村寄合

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むらはちぶ【村八分】

日本の村落社会において伝統的に行われてきた制裁の一種で,ムラの決定事項に違反した人物なり家との交際を絶ち,孤独な状態に追いやるもの。より一般的には,村落社会で執行されてきた制裁の総称。〈村八分〉とは,家々の重要な交際の機会10種類のうち,火事と葬式をのぞく8種類の交際を絶つことからいうのだとする俗説が広く流布しているが,根拠はない。ハチブはハブクとかハズスという言葉と関連するものと思われる。ムラがムラの秩序を破った者に対し一定の制裁を加えることは古くから行われてきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

むらはちぶ【村八分】

江戸時代以来、村落で行われた制裁の一。規約違反などにより村の秩序を乱した者やその家族に対して、村民全部が申し合わせて絶交するもの。俗に、葬式と火災の二つの場合を例外とするからという。
仲間はずれにすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の村八分の言及

【脅迫罪】より

…告知する害悪の内容は条文に列挙されたものに限られる。判例では,いわゆる〈村八分〉が名誉に対する害悪の告知として脅迫罪になるとされているが,異論もある。人を脅迫する行為は,なんらかの行為を強要するために行われることが多いが,脅迫罪は,その目的を問題としていない。…

※「村八分」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

村八分の関連キーワード急性死/突然死(ポックリ病)――心臓死を中心としてハイサイおじさんショービニズムアウトサイダー尾崎 増太郎山田 典吾柴田 和志ゴーダーンハーシム家川上眉山社会統制公職追放加瀬皐月共同絶交新藤兼人江戸時代村ハチブ村社会葬式組慰謝料

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

村八分の関連情報