栄養共生(読み)エイヨウキョウセイ

デジタル大辞泉の解説

えいよう‐きょうせい〔エイヤウ‐〕【栄養共生】

2種以上の微生物が、単独では成長が困難でも、同一培地中で混合培養すれば、互いに他種に必要な栄養物質を合成し、共存すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

栄養共生

 微生物の栄養素要求性突然変異株を最小培養基に植菌すると生育できないが,他の栄養素要求変異株を一緒に植菌すると,お互いの要求する栄養素を補い合うので生育できるようになること.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

えいようきょうせい【栄養共生】

異なる生物種が、互いに不足する栄養を補い合って生活すること。
単独では増殖できない二種以上の微生物が、混合培養によって、それぞれが分泌する栄養物質で増殖すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android