コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗子峠 くりことうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

栗子峠
くりことうげ

福島・山形両県境,栗子山南麓にある峠。標高 950m。板谷峠越えが 1899年に廃道となったのち,栗子峠越えが福島-米沢間の重要な連絡道となった。現在長さ約 2.7kmの西栗子トンネル,約 2.4kmの東栗子トンネルなど,いくつものトンネルで貫通 (国道 13号線) ,冬季の路面凍結を避けるため,ロードヒーティングが施されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栗子峠の関連キーワード万世大路

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栗子峠の関連情報