板谷峠(読み)いたやとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

板谷峠
いたやとうげ

福島・山形両県境の吾妻山北麓にある。標高 755m。往時江戸往来要衝。 16世紀後半 (天正年間) に福島と米沢を連絡する板谷峠越えの道路が造られた。 1881年,やや北方に位置する栗子峠越えの万世大路の完成により,板谷峠越えは廃道となった。 99年奥羽本線がこの峠に開通し,急勾配と豪雪対策のトンネル,雪おおい,防雪柵などが設置された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

板谷峠【いたやとうげ】

山形県米沢市南東部,奥羽山脈中の峠。標高737m。天正年間(1573年―1592年)に開かれ,福島と米沢を結び米沢藩の江戸往来などに利用されたが,1881年北の栗子峠に万世大路ができ廃道となった。1899年奥羽本線が開通,トンネルで通過するが,同線最大の急勾配(38/1000)のためスイッチバックで登った。1990年,山形新幹線工事に伴い,スイッチバック駅は廃止された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いたやとうげ【板谷峠】

山形県米沢市の南東部,米沢市と福島市を結ぶ奥羽山脈越えの峠。標高755m。江戸時代には米沢藩の江戸参勤にも利用され,板谷には板谷御殿が設置されていた。1881年,北方にある栗子峠経由の万世大路(ばんせいおおじ)(現,国道13号線)が開通した後は衰退した。99年峠付近に奥羽本線が開通したが,板谷越えは急こう配(平均33/1000)で多雪地帯でもあるため同線最大のネックであった。1968年には改良工事が完了し輸送力は増強された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いたやとうげ【板谷峠】

山形県と福島県の県境にある峠。米沢盆地と福島盆地とをつなぐ。海抜760メートル。豪雪地帯として有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山形県〕板谷峠(いたやとうげ)


山形県米沢(よねざわ)市と福島県福島市の境で奥羽(おうう)山脈を越える峠。最高点は米沢市側にあり、標高約750m。峠の南方約600mをJR奥羽本線・山形新幹線が急勾配(きゅうこうばい)をトンネルで抜ける。国道13号は北約3kmの西栗子(にしくりこ)トンネルを通る。江戸時代、米沢藩の参勤交代に利用された。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

板谷峠
いたやとうげ

福島市と山形県米沢(よねざわ)市との間にある板谷街道(米沢街道)の峠。標高755メートル。鉢森(はちもり)山の南側に位置し、1850年(嘉永3)に米沢藩が開いた峠で、福島城下を経て江戸へ行く最短コースであり、米沢藩の参勤交代路に利用された。板谷(米沢市)には御殿が置かれ、米沢藩主の宿所にあてられた。1899年(明治32)奥羽線がこの峠の直下を通って開通した。[安田初雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android