福島(読み)ふくしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福島
ふくしま

長崎県北部,松浦市北東部の旧町域。伊万里湾内の福島を主島とする。 1951年町制。 2006年松浦市,鷹島町と合体して松浦市となった。福島は玄武岩に覆われた台地状の島で,明治中期以降炭鉱の島として栄えたが,1972年炭鉱は閉山。以降は農業を主とし,米,ミカンのほか,レタスを特産,畜産も行なわれる。 1967年には東端の喜内瀬免 (きないせめん) と伊万里市との間に福島大橋 (225m) が完成。観光開発が盛んで,関連施設の建設が進んでいる。玄界灘を望む土谷の棚田,ツバキの原生林,玄海国定公園に属するイロハ島の景勝などが有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふくしま【福島】[都道府県]

東北地方南部の県。陸奥(むつ)から分かれた岩代(いわしろ)磐城(いわき)の2国にあたる。人口202.9万(2010)。
福島県北部の市。県庁所在地。江戸時代は奥州街道宿駅で、板倉氏の城下町。電器・食品工業や、桃・ナシなどの果樹栽培が行われる。飯坂土湯などの温泉がある。平成20年(2008)に飯野町を編入。人口29.2万(2010)。

ふくしま【福島】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「福島」姓の人物
福島慎太郎(ふくしましんたろう)
福島正則(ふくしままさのり)
福島安正(ふくしまやすまさ)

ふくしま【福島】[大阪市の区]

大阪市北部の区名。中小工場が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

福島【ふくしま】

木曾(きそ)谷の中心的な町で,現在の長野県木曽町に属する。中世には木曾氏の城館があった。木曾谷は元和年間(1615−1624)に名古屋藩領となり,当地は木曾代官山村甚兵衛の陣屋町,中山(なかせん)道宿場町として発達した。宿の入口には幕府によって福島関(国指定史跡)が設けられていた。木曾川をはさんで町並が形成され,右岸が代官屋敷とそれに続く武家屋敷,左岸の中山道沿いに宿場町が位置した。福島宿は木曾十一宿中もっとも栄え,上(かん)町・下町・横宿からなり,江戸時代後期の町の長さ3町55間で本陣・脇本陣・問屋をはじめ町家136軒を数え,宿外の上之段(うえのだん)町・八沢(やさわ)町も加えると町の長さ7町40間であった。八沢町は木曾漆器の発祥地で,全戸が檜物細工を営んでいた。福島関は東海道の箱根・新居(あらい),中山道の碓氷(うすい)とともに江戸時代の四大関所の一つに数えられ,前面は木曾川の断崖に臨み,背後には関山が迫る要害の地に位置した。1604年の創設といわれ,木曾代官山村氏が代々関を守った。上番2人・下番4人が詰め,女改めと鉄砲改めに重点が置かれた。当地は御嶽山(おんたけさん)の登山口としても知られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくしま【福島】

木曾谷(長野県)の中心の町。中世には木曾氏の城館があった。元和年間(1615‐24)木曾は尾張藩領となり,木曾代官山村甚兵衛の陣屋町,また中山道の宿場町として発達した。宿場の入口には福島関が設けられていた。木曾川をはさんで町づくりされ,右岸が代官屋敷とそれに続く武家屋敷,左岸の中山道沿いに宿場町が町並みをつくっていた。福島宿は上(かん)町,下(しも)町,横宿からなり,町長3町55間,本陣,脇本陣,問屋をはじめ136軒の町家が軒を並べていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふくしま【福島】

東北地方南部の県。かつての磐城・岩代の二国を占める。東部に阿武隈高地、中部に奥羽山脈、西部に越後山脈があり、太平洋岸の浜通り、福島盆地・郡山盆地のある中通り、会津盆地・猪苗代盆地のある会津地方に大別される。県庁所在地、福島市。
福島県北部、福島盆地南部にある市。県庁所在地。近世は板倉氏三万石の城下町、奥州街道の宿駅。食品・繊維・機械工業のほか、モモ・リンゴの栽培も盛ん。
長野県木曽町の地名。古く中山道の宿駅・関所が置かれ、木曽谷の中心として発展。

ふくしま【福島】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕福島(ふくしま)


長崎県北東部、伊万里(いまり)湾に浮かぶ島。北西の鷹(たか)島と対する。面積17.2km2。松浦市に属する。最高点が標高180mの台地状の島で、基盤に含炭層があり、かつては炭鉱町として栄えた。東岸沖はイロハ島とよばれる岩礁群の景勝地。佐賀県伊万里市と福島大橋で結ばれる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の福島の言及

【木曾路】より

…また木曾路の称が中山道の代名詞としてつかわれたこともあるが,これは木曾路の知名度の高さを示すものである。木曾路は分水嶺鳥居峠をはさんで,南と北に流れる木曾川と奈良井川(信濃川の上流)に沿って,南北に縦貫し,その間に贄川(にえかわ),奈良井,藪原,宮越(みやのこし),福島上松(あげまつ),須原,野尻,三留野(みどの),妻籠(つまご),馬籠(まごめ)の11宿が設けられ,また福島には江戸時代の四大関所福島関が置かれていた。宿駅は幕府の交通上の機関として設けられたものであって,各宿とも公用人馬の継立て,公式の宿泊・休憩などを担当する問屋場(とんやば)・本陣・脇本陣をはじめ,これらの業務にたずさわる問屋役・年寄役・伝馬役などの宿役人の家や,一般の旅人の休泊のための旅籠屋・茶屋,それに諸商人・諸職人の家など,200軒から400軒が街道に沿っていわゆる宿場町を形成していた。…

※「福島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福島の関連情報