貫通(読み)かんつう

精選版 日本国語大辞典「貫通」の解説

かん‐つう クヮン‥【貫通】

〘名〙
① 端から端までつらぬきとおること。また、つらぬきとおすこと。
※航米日録(1860)一「此管は六釜より貫通して皆大管一個に合せ入る」
② 物事を最後まで続けること。
筋道、意味などが正しく通っていること。また、通すこと。
※仁説問答師説(1688‐1710)宝永三年講「いとをしいと云も心の徳、かなしいと云も心の徳、みな総摂貫通して」 〔朱熹‐中庸・序〕
④ すべてのことをよく理解していること。万事に通じていること。
浄瑠璃・天神記(1714)一「日本の大臣わかんの学に貫通し」

つらぬき‐とお・す ‥とほす【貫通】

〘他サ五(四)〙
① 端から端へ、または表から裏へすっかり突き通す。
② 初めの気持や考えなどを変えることなく最後まで守り通す。
※方丈記私記(1970‐71)〈堀田善衛〉九「またそうでなければ実行出来なかったであろうし、貫き通すことも出来なかったであろう」

ぬき‐とお・す ‥とほす【貫通】

〘他サ四〙 つらぬいてとおす。つきとおす。つき抜く。貫通(かんつう)する。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「貫通」の解説

【貫通】かん(くわん)つう

つらぬく。明瞭になる。〔大学章句、五〕力を用ふること久しくして、一旦豁然として貫するに至りては、則ち衆物の表裏粗、到らざる無く、が心の體大用、らかならざる無し。

字通「貫」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android