根無し草(読み)ネナシグサ

デジタル大辞泉の解説

ねなし‐ぐさ【根無し草】

地中に根を張らず、水に浮いている草。浮き草。
浮き草のように漂って定まらない物事や、確かなよりどころのない生活のたとえ。「行方も知らぬ根無し草の旅」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねなしぐさ【根無し草】

池などの水に浮いていて、根が地中に張っていない草。浮き草。
浮き草」に同じ。 [季] 夏。
しっかりしたよりどころをもたない物や事のたとえ。 「 -の生活」 「東京で聞いた風聞は全く-であつたのだらうか/大内旅宿 虚子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

根無し草の関連情報