コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行方 ナメガタ

4件 の用語解説(行方の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なめがた【行方】

茨城県南東部、霞ヶ浦北浦に挟まれた地域にある市。低地を利用した稲作のほか、チンゲンサイの栽培が盛ん。平成17年(2005)9月に麻生町・北浦町・玉造町が合併して成立。人口3.8万(2010)。

ゆき‐かた【行(き)方】

ある場所に行く方法・道順。いきかた。「電車での行き方を教える」
物事を進める方法。やり方。いきかた。「堅実な行き方

ゆく‐え〔‐へ〕【行方】

行くべき方向。向かっていく先。「行方を定めずに旅立つ」
行った方向。行った先。「行方が知れない」「行方をくらます」
今後のなりゆき。また、将来。前途。「外交の行方を見守る」「行方を案じる」
[補説]「行衛」とも当てて書く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なめがた【行方】

茨城県南東部、霞ヶ浦と北浦の間に位置する市。湖岸の一部は水郷筑波国定公園に属する。レンコン、サツマイモなど野菜の栽培が盛んなほか、漁業も行われる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

行方の関連キーワード歩む行く先行く手下り行く進路通行向かっ腹行き向かふ落行く歯向う

行方の関連情報