桁がはずれる(読み)けたがはずれる

精選版 日本国語大辞典「桁がはずれる」の解説

けた【桁】 が はずれる

まるで勘定に合わない。ふつうの尺度でははかりきれない。段違いである。
※続珍太郎日記(1921)〈佐々木邦〉六「子爵家とか伯爵家とかといふ資格になると何うも(ケタ)が外(ハヅ)れる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「桁がはずれる」の解説

けたがはず・れる

普通の尺度では計れない。標準をはるかに超えている。「―・れた大人物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android