コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂ヶ岡チャシ かつらがおかチャシ

1件 の用語解説(桂ヶ岡チャシの意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

かつらがおかチャシ【桂ヶ岡チャシ】

北海道網走市郊外のニクル丘陵にある北海道の先住民アイヌの築いた砦跡。「桂ヶ岡砦跡」が正式名称。国指定史跡北海道内にはアイヌ民族が築いたチャシ呼ばれる砦の跡が700以上確認されているが、ニクル丘陵に残る桂ヶ岡チャシは大小2つのチャシからなる北筒式土器などを出土する集落跡をともなった大規模な砦跡で、大小2つの長円形、鏡餅状の郭跡や竪穴住居跡、貝塚などが残っている。アイヌ民族はかつて、この丘の上のチャシでチャランケ(談判)をしたことから「チャランケチャシ」などともよばれる。桜の名所として知られる桂ヶ岡公園内にある。同公園内には網走市立郷土博物館もある。JR網走駅からバス。◇桂ヶ岡砦跡、イシメシナイチャシ、チャランケチャシ、ニクルチャシともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桂ヶ岡チャシの関連キーワード北海道開拓記念館網走道議会北海道庁Охотск北海道ウォーカー北海道のめぐみ流氷街道網走北海道新聞社

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone