名所(読み)ナドコロ

  • めいしょ

デジタル大辞泉の解説

姓名と住所。
景色・旧跡などで有名な場所。めいしょ。「桜の名所
器物などの部分の名称。「鎧(よろい)の名所」「馬の名所
景色のよさや史跡、特有の風物などで有名な場所。「名所旧跡」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 名前と場所。姓名と住所。
※小右記‐天元五年(982)三月一一日「下官即改注名所於殿上簡」
② 物の各部分の名称。「甲冑の名所」「馬の名所」
※虎明本狂言・政頼(室町末‐近世初)「ひうち羽かざきり、ほろ羽に至るまでたかのな所、一もつのきっさうなり」
③ 名ある所。その名が多くの人に知られている場所。有名なところ。めいしょ。
※光悦本謡曲・田村(1428頃)「それ花の名ところおほしといへ共」
④ 土地の名称。字(あざな)。小名(こな)
※禁令考‐後集・第二・巻一四(1743)「質地名所并位反別無之」
〘名〙
① 景色がいいことで有名な所。景勝の地。また、歴史的な事件があったり、古歌などに詠まれたりして、昔から広く知られている土地。名勝。名跡。
※田氏家集(892頃)下・禁中瞿麦花詩三十韻「蓋此花、生大山川谷、不好家名処
※彼岸過迄(1912)〈夏目漱石〉松本の話「箕面(みのお)といふ紅葉の名所(メイショ)
② 一般に、景色がよい所。
※筑紫道記(1480)「遠近の嶋々所々の山々など、手にとるばかりにて、いづれも名所ならずといふ事なし」
③ 遊里で名代の太夫。京都・島原の遊里などで、各地の名所の名を自分の名にしていたところから生じたという。
※浮世草子・好色一代男(1682)八「紋日の事なれば名所(メイショ)は一人もなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の名所の言及

【名所絵】より

…歌枕など諸国の名所を選び,連作として屛風絵や障子絵に描いたものを名所絵と呼ぶ。月次絵(つきなみえ)や四季絵とともに,日本の風景・風俗を描いたやまと絵の主要なジャンルをなした。…

※「名所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android