コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂ヶ岡砦跡 かつらがおかちゃしあと

日本の城がわかる事典の解説

かつらがおかちゃしあと【桂ヶ岡砦跡】

⇒桂ヶ岡(かつらがおか)チャシ

出典|講談社日本の城がわかる事典について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

かつらがおかちゃしあと【桂ヶ岡砦跡】


北海道網走市桂町の桂ヶ岡丘陵の一端に残るアイヌの砦(チャシ)の跡。空堀をともなう大小2つのチャシが並び、3つの穴居が残る。規模が大きく、保存状態もよい代表的なチャシ跡の一つ。1935年(昭和10)、国指定史跡になった。かつてはここで、交易や祭祀が行われたといわれ、また、チャランケ(アイヌ語で「談判」)を行った場所と伝えられるところから「チャランケチャシ」とも呼ばれる。JR石北本線ほか網走駅から徒歩約15分。

出典|講談社国指定史跡ガイドについて | 情報

桂ヶ岡砦跡の関連キーワード桂ヶ岡チャシ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android