コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂本万葉集 かつらぼんまんようしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桂本万葉集
かつらぼんまんようしゅう

紀貫之筆と伝えられる桂宮家旧蔵の『万葉集』巻四の1巻 (御物) とその断簡のこと。断簡のみを「栂尾切 (とがのおぎれ) 」というが高山寺との関係は明白でない。紫,白,藍,薄紅などの鳥の子料紙を用い,金銀泥で花鳥草木の下絵を施し,流麗な書風が特色をなす。平安時代の桂本,藍紙本,天治本,金沢本,元暦校本の5種の『万葉集』写本中最古で,書道史上も貴重な遺品。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

桂本万葉集の関連キーワード大口周魚源兼行紀貫之

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android