コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂本万葉集 かつらぼんまんようしゅう

1件 の用語解説(桂本万葉集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桂本万葉集
かつらぼんまんようしゅう

紀貫之筆と伝えられる桂宮家旧蔵の『万葉集』巻四の1巻 (御物) とその断簡のこと。断簡のみを「栂尾切 (とがのおぎれ) 」というが高山寺との関係は明白でない。紫,白,藍,薄紅などの鳥の子の料紙を用い,金銀泥で花鳥草木の下絵を施し,流麗な書風が特色をなす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桂本万葉集の関連キーワード大蔵万葉集註釈秋萩帖菅家万葉集三色紙貫之万葉集考万葉集抄続万葉集生間正起

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone