桂枝加竜骨牡蛎湯(読み)ケイシカリュウコツボレイトウ

病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版「桂枝加竜骨牡蛎湯」の解説

桂枝加竜骨牡蛎湯

(大杉製薬、クラシエ製薬、クラシエ薬品、小太郎漢方製薬、ツムラ、帝國漢方製薬、帝國製薬


 小児の夜尿症神経衰弱性ノイローゼ性的神経衰弱)、遺精いせいの治療薬で、神経過敏、精神不安、疲労寝汗手足の冷感、不眠といった症状のある、体質の虚弱な人に用います。


①ほかに薬を服用しているときは、あらかじめ医師に報告してください。


②過敏症状(発疹ほっしんかゆみなど)が現れたら、服用を止め、医師に報告してください。


③長期間服用しているときに、血圧の上昇、むくみ、体重増加、脱力感、手足のけいれん麻痺まひなどの異常を感じたら、服用を中止し、すぐ医師に報告してください。


④指示された期間服用しても症状が改善しないときは、医師に報告してください。

出典 病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版について 情報

デジタル大辞泉プラス「桂枝加竜骨牡蛎湯」の解説

桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)

漢方薬のひとつ。神経症、不眠などの症状に処方される。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android