桃の弓(読み)モモノユミ

  • の 弓(ゆみ)
  • もも

精選版 日本国語大辞典の解説

桃の木で作った弓。破邪のために葦の矢とともに、追儺(ついな)の時、鬼やらいの料とする。
※内裏式(833)十二月大儺式「闈司二人各持桃弓・葦矢〈木工寮作備之〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android