コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内裏式 だいりしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内裏式
だいりしき

平安時代前期の宮中で行われた恒例,臨時の儀式を記した書物。3巻。弘仁 12 (821) 年嵯峨天皇の命を受けて藤原冬嗣良岑安世 (よしみねのやすよ) らが編集し,その後の変更した部分を,天長 10 (833) 年淳和天皇の命を受け,清原夏野らが修正した。貴族の必読書であったばかりでなく宮中で儀式が挙行される際には,必ず箱に納め,天皇のそばに置いておくならわしであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

だいりしき【内裏式】

有職書。三巻。821年藤原冬嗣ら撰進、833年清原夏野ら修補。後世、宮中儀式の典範として尊重された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内裏式
だいりしき

古代儀式の書。3巻。内裏で行われる恒例・臨時あわせて23の儀式の細目を記したもの。藤原冬嗣(ふゆつぐ)ら7名が嵯峨(さが)天皇の勅命を奉じて編纂(へんさん)し、821年(弘仁12)奏上した。しかし現在伝わるのは833年(天長10)清原夏野(なつの)らがさらにそれを改訂したもの。なお、嵯峨天皇のときに編纂された儀式書には別に『弘仁(こうにん)儀式』10巻があり、その内容は70の儀式の細目で本書より詳しい。また別に『内裏儀式』一巻が伝わり、本書と同文のところが多く、これら三書の関係や成立事情をめぐって江戸時代以来、諸説がある。[今江廣道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の内裏式の言及

【小野岑守】より

…空海と相許した詩友で,〈白雲の人,天辺の吏,何れの日か念(おも)うことなからん〉という詩(《性霊集》一)を贈られ,自分も帰休間遊の際に,〈言を寄す陵藪の客,大隠は朝市に隠るるものを〉(《経国集》十)と詠んで贈った。延暦以来の23人の詩を集め《凌雲集(りよううんしゆう)》を撰して序を書き(814),儀典行事の新式を定め《内裏式》を撰して序を作った(821)。民衆の凶作に苦しむのを見て貯穀を上表し(823),九州の旅路に続命院を建てて旅人の困苦を救おうとして解状(げじよう)をさし出した(天長年間)。…

【内裏儀式・内裏式】より

…平安初期の宮中儀式書。《本朝法家文書目録》には〈内裏儀式一巻〉〈内裏式三巻〉とあるが,現在は両書とも残欠本しかない。その目録と現行本および逸文を総合してみると,《内裏儀式》を基に補正したものが《内裏式》かと思われるが,後世両書を混同している例も少なくない。…

※「内裏式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

内裏式の関連キーワード律令格式(りつれいかくしき)西宮記(さいぐうき)内裏儀式・内裏式平安時代(年表)儀式・典礼小野岑守滋野貞主桑原腹赤朝野鹿取速水常忠小野篁都腹赤後世踏歌拝舞典範

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android