桑村弘良(読み)くわむら ひろよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑村弘良 くわむら-ひろよし

?-? 江戸時代前期の装剣金工。
加賀金沢の人。後藤顕乗(けんじょう)にまなんだ盛良(もりよし)の弟で,後藤程乗(ていじょう)の門にはいる。後藤風の赤銅魚子地(ななこじ)に高彫り色絵の作風を得意とした。加賀大聖寺(だいしょうじ)藩前田家に100石でかかえられたが,出家して浄空と名のり,禄を辞したという。本姓は内田。通称は佐左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android