コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤程乗 ごとう ていじょう

2件 の用語解説(後藤程乗の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤程乗 ごとう-ていじょう

1603-1673 江戸時代前期の装剣金工。
慶長8年2月19日生まれ。後藤顕乗の長男。後藤理兵衛家2代をつぐ。加賀金沢藩につかえ,加賀後藤とよばれる金工をそだてた。後藤宗家8代即乗が早世したため,寛永13年ごろ9代をついだ。法橋。寛文13年9月17日死去。71歳。京都出身。名は光昌。通称は理兵衛。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

後藤程乗

没年:延宝1.9.17(1673.10.26)
生年:慶長8(1603)
江戸前期の装剣金工家。後藤家7代目顕乗の嫡男。京都生まれ。後藤家9代目。幼名は寅(虎)市,源一郎といい,光昌,光尹とも称した。元和1(1615)年家督を相続して歴代の通称理兵衛を名乗った。伯父覚乗の勧めで,加賀(金沢)藩に金工および政務両面で仕え,加賀後藤家の発展に寄与,藩主前田利常の信任を得て30人扶持を支給された。寛永12(1635)年ごろ後藤家9代目を30歳代で継いだ。さらに寛文7(1667)年には江戸幕府4代将軍徳川家綱より100俵20人扶持を支給され,のちに法橋にも叙された。作風はその人柄同様に穏健で品格にあふれている。

(加島勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後藤程乗の関連キーワード後藤家彫後藤殷乗後藤覚乗後藤寛乗後藤桂乗後藤顕乗後藤清乗(2代)後藤清乗(7代)後藤立乗後藤林乗

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone