コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梃入れ テコイレ

デジタル大辞泉の解説

てこ‐いれ【×梃入れ】

[名](スル)
順調にいっていない部分や状態を、外部から援助を与えて活力を取り戻すように仕向けること。「人材を投入して販売部門を梃入れする」
相場が下がらないように、または相場をつり上げるために買うこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てこいれ【梃入れ】

( 名 ) スル
相場の勢いを人為的に操作すること。特に、下落を食い止めること。 「景気の-」
不振を打開したり、弱い所を強化したりするために外部から援助すること。 「親会社が資金上の-をする」 「チームの抜本的な-を図る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

梃入れの関連キーワード親会社外部人材活力援助

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android