活力(読み)カツリョク

  • かつりょく クヮツ‥
  • かつりょく〔クワツ〕

デジタル大辞泉の解説

活動を生み出す力。元気よく動いたり働いたりする力。「体内に活力がみなぎる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

働き動くための力。活動力。生命力。 -にあふれた町

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 活動のもとになる力。生命力。また、生活する力。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
※それから(1909)〈夏目漱石〉一一「其時彼は自分ながら自分の活力(クヮツリョク)に充実してゐない事に気がつく」
② 身体の大きさや運動能力。体力。
※小学読本(1884)〈若林虎三郎〉五「此の如き人は筋肉老廃して活力全く衰へ精神も常に懵然として事物に注意なし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の活力の言及

【エネルギー】より

…この意味で彼らはI.ニュートンの運動の法則のまさに一歩手前まで到達していたといってよい。これに対し,86年にG.W.ライプニッツは当時の常識であった〈運動する物体のもつ力は物体に固有のものでなければならぬ〉という考えから,mv2という量こそがこの“ちから”を表し,宇宙全体で保存されるのはこの量の総和であるとし,静力学のつり合いで現れる“死んだ力vis mortua”に対して,これを“活力vis viva”と呼んだ(なお,C.ホイヘンスもこれに先だって複合振子の取扱いでmv2という量を使ったが,とくにその重要性を強調することはしなかった)。ライプニッツの議論は次のようなものであった。…

【力】より

…彼はそれを物体の速さと大きさの積として定義し〈運動の力vis motus〉と呼んだ。ライプニッツは,あらためてそうした力を〈活力vis viva〉と呼んで,質量と速さの2乗との積で定義し,デカルトを批判した(ウィス・ウィウァ論争)。現在の古典力学では,物体に外から与えられ,運動の変化(加速度)を生じさせる原因を力として定義するため,ある意味ではデカルトの態度,つまり,物質およびその運動状態から力を構成しようとする発想が最も徹底されている,と考えることができる。…

※「活力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

活力の関連情報