コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相場 ソウバ

デジタル大辞泉の解説

そう‐ば〔サウ‐〕【相場】

市場で取引されるその時々の商品・株式債券外国為替などの値段。時価。市価。「相場が上向きになる」
実物・現物・直物取引ではなく、市場における価格変動によって生じる差額で利益を得ようとする投機的取引。「相場を張る」「相場に手を出す」「相場で当てる」
ある物事についての世間一般の考え方や評価。また、世間並みと認められる程度。「親は口うるさいものと相場が決まっている」「初任給は相場並みだ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そうば【相場】

一般的には,ある時点における市場でのある物品の需要(買い)と供給(売り)によって決定する取引価格のことをいう。本来相場というのは,時々刻々に変動するが,物品によっては,その取引価格が一定の期間あらかじめ決められた取引価格で取引される場合がある。これを〈固定相場〉という。しかし今日一般に〈相場〉というとき株式,為替などの取引所で形成される価格をさし,その価格は取引が行われるごとに変動を伴うものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そうば【相場】

市場で競争売買によって決まる商品の値段・価格。 「 -が上がる」 「株式-」
外国為替相場。
現物取引ではなく、市場の変動による差額で利益を得ようとする取引。 「 -を張る」
世間一般の通念や評価。だいたい妥当とされる金額や方法。 「世間の-に合わせる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相場
そうば
quotation

一般に、ある商品の市場におけるある時点での売り(供給)と買い(需要)の出会いによって成立した取引価格をいう。したがって、相場は時々刻々に変動するのが本来の姿である。しかし商品によっては、一定の期間、意図的に相場を固定し、あらかじめ定めた取引価格で取引を進めることがある。これを固定相場(制)という。これに対して、相場本来の変動性をとくに強調するときは、変動相場(制)という。この典型は、通貨の国際為替(かわせ)相場(レート)である。
 相場は価格であるが、今日では価格全般をさすことはなくなり、取引所で取引される株式、商品、為替について形成される価格のみをさすようになっている。経済が国内を主体にしていた段階では、株式と商品の相場が有名であったが、国際化時代の今日では、外国為替とくに円のドルやユーロ換算相場がむしろ一般になじみ深くなった。株式の相場は、市場全体の動きを示す相場(平均株価など)、業種別の相場、個別銘柄別の相場がある。平均株価には、単純平均株価、修正平均株価(ダウ平均、日経平均など)、移動平均株価がある。相場が上昇して市場が活況を呈すようになる状況を「強い」、反対に相場が下降して市場が沈滞する状況を「弱い」、相場が底をつき上向きに転じかける状況を「底入れ」という。また、強い相場には、その原因によって金融相場や業績相場がある。金融相場は、金融緩和による金余りを背景にした高相場であり、したがって景気上昇時のみでなく景気後退期にもありうる。それをとくに不景気の株高などという。[森本三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

相場の関連キーワードスムージング・オペレーションリファレンスゾーンリファレンスレンジ新固定レート制度固定為替相場制単一為替レート支払勘定建相場受取勘定建相場ボックス圏相場クロス・レート実勢為替レート変動為替相場制実効為替相場受取勘定相場購買力平価説支払勘定相場裁定為替相場直物為替相場差合い・差合クロスレート

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相場の関連情報