梅が香(読み)ウメガカ

大辞林 第三版の解説

うめがか【梅が香】

梅のかおり。 「 -にのつと日の出る山路かな(芭蕉)/炭俵」
練り香の名。
うめが枝田麩でんぶ」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の梅が香の言及

【梅干し】より

… 梅干しは,クエン酸,リンゴ酸などを約4%含み,食欲増進,整腸などの効果がある。そのまま食べるほか,果肉を裏ごしにして梅が香(か),梅じょうゆ,梅びしおなどにし,また菓子にも用いる。梅が香は《合類日用料理指南抄》(1689)その他にも見られる料理で,梅肉を裏ごしして鰹節と合わせ,少量のしょうゆと酒で味をととのえる。…

※「梅が香」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梅が香の関連情報