山路(読み)サンロ

  • やまじ ‥ぢ
  • やまじ やまぢ
  • やまじ〔ぢ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① 山の中の道。山間の道。山道。やまじ。
※懐風藻(751)幽棲〈民黒人〉「巖谿無俗事、山路有樵童」 〔北周書‐辛昂〕
② ((二)の伝説が幸若舞の「烏帽子折」に採られてから、転じて) 一般に、草を刈る人、草刈りをいう。
※俳諧・玉海集(1656)三「うしならて鹿に笛吹さんろかな〈大山氏〉」
[2] 伝説で、花人親王(後の用明天皇)が豊後国(大分県)真野の長者の館で世を忍んで草を刈る童子となった時に用いた名。幸若舞の「烏帽子折」に採られた。
※幸若・烏帽子折(室町末‐近世初)「長者御覧あって〈略〉名をばなにといふぞ。山路と申候。山路とは山の道。人の名には始而きいたやあらおもしろのなや」
〘名〙 山中の道。山越えの道。また、単に山。
※万葉(8C後)一五・三七二三「あしひきの夜麻治(ヤマヂ)越えむとする君を心に持ちて安けくもなし」
※俳諧・野ざらし紀行(1685‐86頃)「山路来て何やらゆかしすみれ草〈芭蕉〉」
姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android