山路(読み)サンロ

  • やまじ
  • やまじ ‥ぢ
  • やまじ やまぢ
  • やまじ〔ぢ〕

大辞林 第三版の解説

やまみち。やまじ。
伝説で、花人親王(のちの用明天皇)が草刈り童わらわに身をやつしていたときに用いた名。また、草刈り童。
山の中のみち。山道。
姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
の中の道。山間の道。山道やまじ
※懐風藻(751)幽棲〈民黒人〉「巖谿無俗事、山路有樵童」 〔北周書‐辛昂〕
② ((二)の伝説が幸若舞の「烏帽子折」に採られてから、転じて) 一般に、草を刈る人、草刈りをいう。
※俳諧・玉海集(1656)三「うしならて鹿に笛吹さんろかな〈大山氏〉」
[2] 伝説で、花人親王(後の用明天皇)が豊後国(大分県)真野の長者の館で世を忍んで草を刈る童子となった時に用いた名。幸若舞の「烏帽子折」に採られた。
※幸若・烏帽子折(室町末‐近世初)「長者御覧あって〈略〉名をばなにといふぞ。山路と申候。山路とは山の道。人の名には始而きいたやあらおもしろのなや」
〘名〙 山中の道。山越えの道。また、単に山。
※万葉(8C後)一五・三七二三「あしひきの夜麻治(ヤマヂ)越えむとする君を心に持ちて安けくもなし」
※俳諧・野ざらし紀行(1685‐86頃)「山路来て何やらゆかしすみれ草〈芭蕉〉」
姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山路の関連情報