コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山路 サンロ

デジタル大辞泉の解説

さん‐ろ【山路】

山道。やまじ。
花人親王(後の用明天皇)が真野長者の草刈り童となって名のったといわれる名。

やま‐じ〔‐ぢ〕【山路】

山の中の道。やまみち

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんろ【山路】

やまみち。やまじ。
伝説で、花人親王(のちの用明天皇)が草刈り童わらわに身をやつしていたときに用いた名。また、草刈り童。

やまじ【山路】

山の中のみち。山道。

やまじ【山路】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

山路の関連キーワード和歌山県海南市下津町市坪雪之丞変化 完結篇元禄忠臣蔵 前篇元禄忠臣蔵 後篇わが恋せし乙女桂文治(8世)社会主義管見山路 ふみ子目黒たけのこ内部生命論八重の山路其処となし女の足あと現代金権史萩原時夫此方彼方山路が笛独立評論『草枕』宿貸し鳥

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山路の関連情報