梶並(読み)かじなみ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梶並
かじなみ

岡山県北東部、美作(みまさか)市の一地区。旧梶並村。中世の梶並荘(しょう)の地。梶並神社の当人(とうにん)祭は県指定重要無形民俗文化財。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android