コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美作 みまさか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美作
みまさか

岡山県北東部,美作市南西部の旧町域。吉井川の支流吉野川流域にある。 1953年林野町,湯郷町の2町と,豊田村,楢原村,豊国村の3村が合体して美作町が成立。 1954年巨勢村と粟広村の一部,1956年公文村の一部をそれぞれ編入。 2005年勝田町,大原町,東粟倉村,作東町,英田町と合体して美作市となった。中心地区の林野は吉野川と梶並川の合流点付近に位置し,河港として発展。周辺では米作のほか,野菜,果樹栽培が行なわれ,丘陵地を利用したチャ (茶) の栽培も盛ん。湯郷温泉がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みまさか【美作】

旧国名の一。現在の岡山県北東部。和銅6年(713)備前国から分国。作州(さくしゅう)。
岡山県北東部にある市。市南部を出雲(いずも)街道が、北部を因幡(いなば)街道が通り、江戸時代には出雲街道の土居、因幡街道の大原(古町)が宿場町として栄えた。美作三湯の一つ湯郷(ゆのごう)温泉がある。平成17年(2005)3月に勝田町、大原町、東粟倉村、美作町、作東町、英田(あいだ)町が合併して成立。人口3.1万(2010)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みまさか【美作】

旧国名の一。岡山県北東部に相当。作州。
岡山県北東部の市。ほとんどが山地と丘陵で、吉井川とその支流の吉野川が流れる。農林業が中心。西部には湯郷ゆのごう温泉がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

美作
みまさか

岡山県東部、英田(あいだ)郡にあった旧町名(美作町(ちょう))。現在は美作市の南西部を占める地域。旧美作町は、1953年(昭和28)英田郡林野(はやしの)町と楢原(ならはら)、豊田の2村、勝田(かつた)郡湯郷(ゆのごう)町と豊国(とよくに)村が合併して成立。2005年(平成17)勝田郡の勝田町、英田郡の大原、作東(さくとう)、英田の3町および東粟倉(ひがしあわくら)村と合併して市制施行、美作市となった。津山盆地南東部にあり、吉井川の支流吉野川、梶並(かじなみ)川、滝川が合流する。中心地区の林野はもと美作倉敷(くらしき)といい、高瀬舟交通や倉敷往来の宿のある交通の要地で、近世の一時期には幕府代官所も置かれた。JR姫新(きしん)線、国道179号、374号、中国自動車道が通じ、美作インターチェンジがある。美作市役所、美作県民局勝英(しょうえい)支局がある商業中心地。また、インターチェンジの近くには中尾工業団地がつくられている。特産物に海田(かいた)の茶がある。湯郷温泉は美作三湯(さんとう)の一つとして知られる。「美作町の地下(じげ)芝居」は江戸時代に始まるもので県指定無形民俗文化財。[由比浜省吾]
『『美作町史』全3巻(2003~2004・美作町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

美作の関連情報