コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝田 かつた

5件 の用語解説(勝田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勝田
かつた

茨城県東部,ひたちなか市那珂川にのぞむ地域。旧市名。 1994年那珂湊市と合体して,ひたちなか市となった。 1940年電機・兵器工場が建設されてから発展。車両,エレベータ電気計器テープレコーダなど電気機器の生産が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

勝田
かつた

岡山県北東部,美作市北部の旧町域。中国山地南斜面の丘陵地にある。 1940年町制。 1955年梶並村と合体。 2005年大原町,東粟倉村,美作町,作東町,英田町と合体して美作市となった。吉井川の支流梶並川の谷に沿って南北に細長く,ほとんどが山地で占められる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

勝田【かつた】

ひたちなか[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かつた【勝田】

茨城県北東部に位置し,県都水戸の北に接する旧市。1954年市制。1994年那珂湊市と合体して,ひたちなか市と改称。旧市域の大半は那珂台地に開け,畑地と平地林がめだち,南縁部を那珂川が流れる。1939年,日立製作所鉄道車両,製鋼部門が立地,軍需工場として急速に拡大して工業都市化を促した。第2次世界大戦後,経済の高度成長下に日立製作所とその傍系の電気機器,自動車機器などの工場進出もめだち,工業団地の造成,従業員増加に伴う住宅地化も進み,常磐線勝田駅を中心とする商業地区も成立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かつた【勝田】

茨城県中部、ひたちなか市の地名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勝田の関連キーワード阿字ヶ浦我孫子日立常陸Saint Julian's水戸の二上り茨城県東茨城郡茨城町茨城県北茨城市茨城県東茨城郡大阪府大阪市都島区

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

勝田の関連情報