コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植村益蔵 うえむら ますぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植村益蔵 うえむら-ますぞう

1885-1969 明治-昭和時代の伝道者。
明治18年12月12日生まれ。39年救世軍士官候補生となる。イギリスの万国士官学校,参謀士官学校にまなぶ。士官学校長,戦場部長,書記長官などをつとめ,昭和13年日本救世軍司令官。21年司令官に再任され,中将。救世軍の再建につくした。昭和44年1月14日死去。83歳。奈良県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の植村益蔵の言及

【救世軍】より

…翌年日本基督教団に加盟,その本格的活動の再開は46年の日本救世軍再建のときを待たなければならなかった。すでに山室は1940年逝去,戦後の再建は植村益蔵司令官によって行われた。【嶋田 啓一郎】。…

※「植村益蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

植村益蔵の関連キーワード昭和時代明治

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android