コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠公 ナンコウ

3件 の用語解説(楠公の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なん‐こう【楠公】

楠木正成(くすのきまさしげ)の敬称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なんこう【楠公】

楠木正成くすのきまさしげの尊称。 「大-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楠公
なんこう

長唄(ながうた)の曲名。榎本虎彦(えのもととらひこ)作詞、3世杵屋(きねや)六左衛門作曲。1902年(明治35)3月初演。楠木正成(くすのきまさしげ)(楠公)が摂津湊川(みなとがわ)で足利尊氏(あしかがたかうじ)と戦って敗れ、自刃した戦いを題材とする。上下二段。上の巻は桜井駅の正行(まさつら)との別れ、下の巻は湊川の合戦である。曲調も上下で趣(おもむき)が異なり、上の巻では唄が中心となり、産字(うみじ)(母音を独立させて延ばして歌う歌唱法)を効果的に用いて哀調を帯びた節回しを聞かせる。下の巻は冒頭から三重(さんじゅう)とよばれる緊張した雰囲気をつくりだす三味線の旋律を取り入れた大薩摩(おおざつま)で始まり、全体を通して、三味線の技巧を駆使した演奏が中心となり、下座(げざ)の合方(あいかた)を種々取り入れ、合戦の情景描写をくふうしている。全体に劇的な音楽構成をとり、聞きごたえのあるものになっている。[茂手木潔子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楠公の関連キーワード楠木流小楠公正成流楠木楠木正家楠木正勝楠木正成妻楠木正元楠木光正和田正隆

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

楠公の関連情報