コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榎本虎彦 えのもと とらひこ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

榎本虎彦
えのもととらひこ
(1866―1916)

劇作家。和歌山県出身。小学校教員、新聞記者を経たのち、1890年(明治23)歌舞伎(かぶき)座に入り、福地桜痴(おうち)のもとで作者修業、桜痴の死(1906)後、同座の立作者となった。翻案、書き換えに才能をみせ、代表作に『名工柿右衛門(めいこうかきえもん)』『南都炎上』『安宅関(あたかのせき)』など。小説もある。[水落 潔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の榎本虎彦の言及

【名工柿右衛門】より

…3幕。榎本虎彦作。1912年11月東京歌舞伎座初演。…

※「榎本虎彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android