コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極前線 キョクゼンセン

大辞林 第三版の解説

きょくぜんせん【極前線】

寒冷な北極気団や南極気団とその低緯度側の寒帯気団との間の前線。それぞれ北極前線・南極前線という。北極前線は北緯50~60度付近に、南極前線は南極大陸沿岸の流氷縁付近に連なることが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

極前線
きょくぜんせん

寒帯前線」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

極前線の関連キーワードポーラーフロントビンナガ(鬢長)亜寒帯多雨気候ビェルクネスジェット気流南極収束線藤原 咲平リマン海流南極前線南極気団極偏東風寒帯気団北極前線北極気団藤原咲平対馬海流ロスビー親潮潜流南大洋中層水

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android