コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒帯 かんたい polar zone

6件 の用語解説(寒帯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寒帯
かんたい
polar zone

気候帯のうちで最も高緯度の地帯にあり,寒冷で人間生活環境として厳しい地域。数理的には極圏(66°33′)より高緯度地方をさす。一日中太陽が昇らない日と沈まない日が,少なくとも 1年に 1日はある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かん‐たい【寒帯】

地球の南北の極圏より高緯度の地帯。気候的には寒帯気候の地域をさす。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

寒帯【かんたい】

極圏より高緯度の地域。極圏は66°33′の緯度線をいう場合と,これより高緯度側の地域をさす場合がある。後者の場合は極圏と寒帯は同義語。少なくとも1年に1日は昼だけ,夜だけの日が出現する地帯。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かんたい【寒帯 polar zone】

最も高緯度にあって寒冷な地帯をいい,天文学的には極圏(66゜33′)より高緯度の地域である。一般には亜寒帯の極側に位置する無樹木地帯をさす。ケッペンの気候区分などでは最暖月の平均気温が10℃以下の地域をいい,ほぼ無樹木地帯と一致する。さらに0℃を境にツンドラ地域氷雪地域に区分される。太陽高度が低いため,太陽放射の大半は散乱し,熱や光が不足し,地球上で最も生産力の低い地域となっている。【山下 脩二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんたい【寒帯】

地球の南緯・北緯それぞれ66.33度(極圏)から、南極・北極までの地帯。極寒の地で、ツンドラ地域と永久凍土地域が含まれ、全陸地の17パーセントを占める。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寒帯
かんたい

地球上でもっとも高緯度にあって寒冷な地帯。極圏(66度33分)より極側の地域をいう。気候的には植生を指標として亜寒帯の極側に位置する無樹木地域をさし、最暖月の平均気温が10℃未満の地域に相当する。寒帯のなかでも夏の日射量の増加により一時的に凍土が融解して、蘚苔(せんたい)類や地衣類が生育するツンドラ気候地域と、一年中氷雪に覆われている氷雪気候地域に細区分される。北半球ではユーラシアと北アメリカ両大陸の極北部、グリーンランド、アイスランド北部などで、南半球では南極大陸が含まれる。地球上の全陸地面積の17%を占めているが、人間の生活や活動にとって、雨の少ない砂漠地方とともに最悪の条件を示し、今日でも人口希薄で、地球上でもっとも生産力の低い地域である。1年は短い夏と長い冬に二分され、極圏を越えると夏至では太陽が没することがなく、冬至には太陽は終日現れない。降水は大部分が雪として降り、量は少ないが、低温であるため蒸発量も少なく、砂漠のように乾燥はしていない。300メートルにも達する永久凍土層の表層が、夏季に融解して湿地となりコケ植物が繁茂する。ツンドラにおける唯一の大形獣はトナカイである。また、この湿原で異常発生するカの大群はツンドラの名物ともいわれ、トナカイを集団で刺し殺すこともある。熱と光が不足するため、農業は望めず、エスキモーやサーミなどの先住民は狩猟や漁労生活をしてきた。しかし、今日では油田などの地下資源や軍事、科学研究、航空路などにとって非常に重要な地域となっている。近年の地球温暖化の影響を強く受ける地域でもある。[山下脩二]

植生

生態学的に寒帯という場合は、極地周辺の寒冷のために高木林、低木林が成立せず、矮性(わいせい)低木と草本によるツンドラ(蘚苔(せんたい)、地衣などの群系)に占められる地域をいい、ユーラシアと北アメリカの北極海沿岸地方、南極および南極海の島が含まれる。一方、北極および南極周辺の地域は植生がほとんど存在しないため、極帯として、寒帯とは区別すべきであるとする説もある。北半球の寒帯に分布する植物は400種内外で、量的にはスズメノヤリ属、ノスゲ属などグラミノイド植物(イネ科植物状の葉が細くて硬い植物)が多い。南極では、70種内外の蘚苔類、400種ほどの地衣類がおもなものとなる。なお、普通は高山帯も寒帯に含める。[大場達之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寒帯の関連キーワード寒帯気候グード図法薄明寒冷寒冷地農業高緯度高冷地アレンの法則(生物学)ベルクマンの法則高緯度低圧帯

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寒帯の関連情報