コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極左 キョクサ

大辞林 第三版の解説

きょくさ【極左】

極端で過激な左翼思想。また、その思想をもつ人。 ⇔ 極右 「 -団体」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の極左の言及

【右と左】より

…この形式が各国の議会でも踏襲され,左翼は野党,その中でも最も左側に急進派が座るようになった。またある時期にはヨーロッパでは共産党が左端に席を連ねたので,マルクス主義者などを〈極左〉と呼んだこともある。 しかし,右と左のどちらに優位や権威を象徴させるかは,国際化した現代社会では困難な問題である。…

※「極左」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

極左の関連キーワード戦闘的共産党創設のための反帝国主義領土中軸革命的プロレタリア細胞イニシアチブ10月1日反ファシスト抵抗グループMRTA(エムアールティーエー)国際主義者抵抗イニシアチブインド共産党毛沢東主義派MRTA(エメエレテア)アルゼンチンの軍事政権革命人民解放党・戦線11月17日革命機構ユーロ・テロリズムユーロテロリズムパラグアイ人民軍ナツァグドルジヨーロッパ極左民族抵抗武装軍革命的人民闘争中核派全学連革命的セクトランダウアー

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

極左の関連情報